ツレがうつになりまして 感想とネタバレ シン・ゴジラを見せてあげて

更新日:

原作は鬱病の現実を描いてベストセラーとなったコミック。

ドラマ化もされ、鬱病の家族と向き合うことについて考えるきっかけを社会に与えました。

映画では、宮崎あおいのキャラの良さが活かされていて、思いテーマなのに軽くサラリと見られます(褒めてない)。

夫の鬱病なんか、私の持ち前の明るさと根性で吹き飛ばしちゃう!

ほら、私の笑顔と頑張りでどんどん幸せがやってくるよ!

という宮崎あおいの明るく可愛い魅力あふれる映画です(断じて褒めてない)。

スポンサーリンク

レクタングル大

ツレがうつになりまして あらすじ

仕事も家事もこなす、真面目で心優しい夫は通称「ツレ」。

妻ハルは売れないマンガ家だけど、若く明るく可愛く毎日ハツラツと暮らしを楽しんでいる。

ある朝、ツレの様子がおかしくなり夫婦で医院を訪れる。

診察の結果、ツレは「心因性鬱病」で、回復には半年から1年半程度かかると診断された。

ハルは嫌がるツレを説得して退職させ、夫婦二人三脚での鬱病闘病生活が始まる。

何でもかんでも自分のせいだと思い込み、「ごめんね、ごめんね」と謝り続けるツレ。

ツレの真面目で優しい性格が、今やツレ自身を追い詰める要因になってしまっていた。

ツレが無職になったことで悪化する一方の経済状況を打破するため、ハルはプライドも恥もかなぐり捨てて出版社を回り

「ツレがうつになりまして!仕事をください!」

と訴える。

自身もうつ病経験のある雑誌編集長の計らいで、ハルはその雑誌に連載が決まる。

多忙になったハルは、構って欲しがるツレにイライラをぶつけてしまう。

自分の存在の無意味さに耐えられず黙って風呂場で命を絶とうとするツレ。

寸でのところでツレを止めたハルは、ツレに抱き着き嗚咽しながら

「ツレはここにいていいんだよ。」

と訴える。

ハルが描いた、ツレの闘病生活を漫画にした本が出版の運びとなり、ハルとツレは大喜びする。

本が話題となり、ツレはハルのためにマネージメント会社を立ち上げる。と、すぐに講演の依頼が舞い込んだ。

治療と本人の努力、周囲の理解のおかげでツレは薬が必要ないほどまで回復。

更に壇上で大勢の聴衆を前に緊張しながらも講演ができるまでに快復したツレ。

聴衆の中に、ツレがサラリーマンをしていた頃のストレスの元凶だった男性がいた。

男性はツレの講演が終わると立ち上がり

「この本を出してくれてありがとう。」

と感謝の言葉を述べた。

いっぱいつらいことがあったけど、今はみんな笑顔。

これからも夫婦で手を取り合って乗り越えていこうね。

おしまい

ハルが胡散臭い(個人の感想です)

主演二人(宮崎あおい、堺雅人)の笑顔と雰囲気で、なんかいい映画っぽく仕上がってます。

夫婦が暮らす築年数の経っていそうな家も、ペットのイグアナも可愛いです。

宮崎あおいも可愛くて気丈な若妻を上手に演じています。

けど

この奥さん、なんか苦労に現実味がないのよ。

夜中に

「健気に夫を支えながらもナチュラルで素敵な暮らしをしてる私の毎日を見て見て!

いいね!や称賛のコメント今日もいっぱい来ちゃうわねフフッ」

とほくそ笑みながらブログかインスタを更新していそう。

鬱病の生活を描写するのにオシャレ感や可愛らしさが必要かい?

鬱病はとにかく深刻に重々しく描くべし、なんて私も考えていません。

鬱病患者本人と家族の苦しみや葛藤を、軽めの映像で包み込んで暖かく力強く応援した作品は過去にもありました。

NHKのドラマだったかな?細かいことは忘れたけど。←ヲイ

でもこの映画からは鬱病患者とその家族や友人の思いよりも、「宮崎あおいってどんな役でも可愛いでしょ?」という意図がビシビシ伝わってきて鼻白みました。

「会社を辞めないと離婚するよ!」って、妻がプレッシャーかけるな(#゚Д゚)ゴルァ!!

鬱の最中に離職や離婚など、重大な決定を下してはいけないのはメンタル界ではもう常識じゃ!ばかちんが( ゚Д゚)

堺雅人のマンガ的な演技も、いくらマンガが原作だからってちょっとやり過ぎじゃないかい?

あれでは鬱病ではなく、ただの我がまま坊ちゃんにしか見えないよ。

この旦那さんには、ハルの優しさで包んであげるよりもシン・ゴジラの名場面「弊社も御社も木っ端微塵」を見せてあげた方が、いい刺激になるんじゃないかと思います。

(※これは映画中のツレに対する意見です。一般の鬱病患者さんに向けているわけではありません。)

私自身もうつ病で断続的に通院しています。

だからやたらにうつをポップに描こうとする最近の風潮はちょっと気に入らない。

わけのわからない不安に押し潰されそうになっている人がそういう書籍や映像作品に出合っことで、診察を受けるきっかけにはなるんだろうけど。

うつ病は症状の程度も乗り越え方もその期間も人それぞれで、「絶対この方法がうまくいく!」なんてのはありません。

だからこの映画みたいに「ツレがうつだけど、私は明るく頑張るわよー!」とやられると、見る人によってはかなりしんどいんでは?と余計な心配をしてしまうのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ツレがうつになりまして。 [ 宮崎あおい ]
価格:1927円(税込、送料無料) (2017/11/16時点)

原作は軽い雰囲気ながらも、著者はいろいろあって吹っ切れたんだろうなと一応は感じられましたが、映画になるとまるでダメ。宮崎あおいのプロモビデオ。

レクタングル大

レクタングル大

おすすめ記事と広告



-映画や本の話

error: Content is protected !!

Copyright© 映画とバレエと小銭と私 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.