ロック・オブ・エイジズrock of ages感想と微妙にネタバレ

更新日:

ベストヒットUSA世代にはたまらない、全編80年代ロックが流れまくるオジサンオバサン泣かせの青春(このダサい響きがピッタリくる)ミュージカル映画。

ミュージカルと言っても、よくある街中で突然歌い出すようなものではありません。

既存のヒット曲を場面進行にピッタリ合わせて熱唱するので、「歌っている間は話が進まなくてダルい。」ということが少ないです。

劇中歌の扱いは、米ドラマ「glee」に近いです。

ジャーニーのファンなら2倍楽しめるのではないでしょうか。2倍という数字の根拠はありません。

ジャーニーを知らなくても、主婦の多くが「これ知ってる!毎朝聴いてた!」とピンとくるあの名曲も登場しますわよ!

スポンサーリンク

レクタングル大

あらすじ

歌手になる夢を抱いて田舎からハリウッドにやってきた少女シェリーは、ライブハウス「バーボンルーム」で働くロックスター志望の少年ドリューと出会い恋に落ちる。

昔このバーボンルームからキャリアをスタートさせ、今やスーパースターの座に上り詰めたステイシー(トム・クルーズ)は、バンドの解散ライブを懐かしのバーボンルームで行うことに。

若者達の夢と挫折と再起が、自堕落な生活に溺れたロックスターに輝きを再び取り戻させる!

懐かしくも気恥しい、若者とオッサンの青春物語ですよ。

ロックに興味がなくても、この曲は絶対に知ってる(かも)

ハードロックがほとんどなので、ニューロマンティックス派だった私には馴染みのない曲も多いんですが、それでも80年代当時の空気がガンガン蘇ってきて極楽気分でしたわ。

ロックに興味がない奥様でも、ジャーニーの超有名曲「お気に召すまま(Any Way You Want It) 」は知っている確率はかなり高いはず。

これ「スッキリ!!」の一昨年までのオープニング曲ですわよ!

エニウェニュウォーニッ、ザッザウェユーニーデッ、エーニエニウォーニッのメロディで、清々しい朝の雰囲気に浸れる奥様は日本では少なくないはずよ!

他の曲も、ボン・ジョヴィやホワイトスネイクなどのバンド名や曲名は知らなくても、なんか昔よく流れてたな、と思えるものばかりです。

ダサいは最上級の誉め言葉

ストーリーも映像もダサい!!80年代のこのダサさがもう最高に心地いいよ!

特にロックミュージック廃絶を訴える真面目な奥様方の歌とダンスが最高にダサい。

80年代のPVってこういうダッサいのが多かったのよ。

でも当時の高校生には、これがとてつもなくカッコよくて素敵に見えたの。

それを今こうして現代の俳優が演じているのを見ると、昔書いたこっぱずかしい文集を鼻先に突き付けられているような、甘酸っぱい感情がふつふつと湧き上がってきます。

ああダサい!とっても素敵!キャサリン・ゼタ・ジョーンズのキレっキレダンスは必見。

彼女は映画の最後の最後まで笑わせてくれます。

キャサリン・ゼタ・ジョーンズだけでなく、錚々たる映画スターやミュージシャンたちが次から次へと笑わせに来ます。

デフ・レパードの名曲が、散々なお笑い扱いでハライテーわ。

アレック・ボールドウィンはあの役でいいんでしょうか。めっちゃ活き活きと演じてましたが…。

トム・クルーズの歌唱力にビビる

トム・クルーズの熱演が、主役の若いカップルを霞ませる勢いでスゴイです。

トム・クルーズはもうこのステイシーと、「インタビューウィズヴァンパイア」のレスタトだけでいいわと思えるすんばらしい演技。

セックス・ドラッグ・ロックンロールいぇー!おえ~!と80年代のロックスターが現代にタイムスリップしてきたような、見事なダメ男っぷりハマりっぷり。

ラストでトムが熱唱する、ジャーニーの「ドント・ストップ・ビリーヴィン」は鳥肌もの。

トムの歌が余りにも上手すぎて、最初は口パクかと思ったほど。

個人的には、「ドント・ストップ・ビリーヴィン」は本家よりトム・クルーズが歌う方が好きだわ。

全員が絵に描いたようなハッピーエンドで、ストーリーは最高にベタですがそれが何か?

頭からっぽにして熱唱(実際に歌わなくても、心で歌うのじゃ)すれば、イヤなことなんか吹っ飛んでしまうよきっと。

80年代にベストヒットUSAやMTVを見ていた人や

一昨年までのスッキリ!!を毎朝見ていた人や

完全なハッピーエンドが好きな人や

劇中で歌われる曲はジャーニーの曲が一番多いので、ジャーニーファンにも是非見ていただきたいです。

見終わった後にはきっと「スッキリ!!」

レクタングル大

レクタングル大

おすすめ記事と広告



-映画や本の話

error: Content is protected !!

Copyright© 映画とバレエと小銭と私 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.