「ミスト」他、後味最悪(TдT)鬱エンド名作映画4選ネタバレ控えめ

更新日:

ハッピーエンドばかりが映画ではありません。

胸が締め付けられるような悲しい気持ちや、重苦しい気分で終わる映画もたまには良いものです。

かと言ってなにもここまで…と言いたくなるようなドンゾコな気分になってしまう映画をご紹介します。

いずれも名作揃いなんですが、見終わった後の「見なきゃよかった…」的なドンゾコ感は保証しますよ。

私の性格までも変えてしまった、強烈な名作もありますよ(ふっふっふ

なるべくネタバレしないよう気を付けましたが、察しのよい方ならわかってしまうかも。

作品によっては数日間ドンゾコ感を引きずってしまうかも知れません。

スポンサーリンク

レクタングル大

ミスト(2007 米)

怖いし悲しいしラストで打ちのめされるし、大変大変。

パニックホラー映画としては最高傑作の部類に入る作品だと思います。

飛んでくるバケモン達は怖いことは怖いです。

ですが、それよりもスーパーマーケットに閉じ込められた人々が、恐怖にさいなまれて冷静さを失い狂気に陥る様が気持ち悪くて怖くて。

皆から疎まれていたはずの「ウザい宗教おばさん」が、たまたまラッキーなことがあったというだけで救世主扱いされ

知的で善良な人々が、自分の判断なんかもうかなぐり捨てて、おばさんの命令にただ従ってしまう群集心理。

自分は絶対そんな狂気には陥らないと、自信を持って言えないのが怖い。

冷静に堅実に、考えに考えて行動したはずが、「下手の考え休む以下」の結果になってしまったと知ったときの主人公の絶望感と自責の念

私はよくわかるよ(´;ω;`)

使えない奴と見下されていたスーパーマーケット店員が、実は頼れる銃の達人だったり(のび太君みたいな存在)

一見ヨボヨボのおばあちゃんが意外に武闘派だったりと

ワクワク感もたっぷり。

ピンチを乗り越え潜り抜け、さあ一気に形勢逆転だ!

と見る者の高揚感を高めてから、ドスーンと突き落とす手法も見事です。

濃い霧の中を、巨大な化け物がゆっくり闊歩する様子は、まさにこの世の終わり。

凛とした表情で覚悟を決めた大人たち

あどけない表情で眠る息子

こんな結末もあるのだと、観る者の心も静かになったその時!

工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工

こんなんアリかーーーーー!

と叫びたくなる結末が訪れます。

ここまで後味の悪いラストは滅多にありませんよ。

私も夫も、しばらく無言で動くことすらできませんでしたわ。

「ミスト」を見てからというもの、私はどんな局面も

「もう30分待てば、事態が変わるかも知れない。」と考えてしまい、すっかり決断力のない人間になってしまいました。

私の人生を変えてくれた映画です(笑

パニックホラー映画の傑作であり

鬱エンド映画の最高峰でもあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミスト [ トーマス・ジェーン ]
価格:1801円(税込、送料無料) (2017/6/14時点)

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000 デンマーク)

これねー感動だとか熱い涙だとか、評判良かった作品ですよね。

感動の中身はいろいろなので、つらさや苦しさ、腹立たしさという感情も感動の一つかもしれない。

そういう意味なら、私はすごく感動しましたよ。

腹立たしさという感動を。

主演のビョークの年齢不詳で知的レベル不詳な雰囲気は、この役にピッタリ合ってるから余計見ていてつらい。

ビョークは実際は聡明な人らしいですけどね。

この映画ではピュア過ぎてどうしようもないおバカさんを演じ切ってますよ。

悪くなる一方の状況を打開したかったのに、主人公が行動すればするほど事態はますます悪くなる。

障害が遺伝するとわかっていて息子を出産した負い目が、主人公を愚かにしてしまうのでしょうか。

自分はどうなってもいいから、息子に手術を受けさせたい

この強く優しい母親の思いが、息子と自分をどん底に引きずり込んでいく理不尽。

つーかね、主人公は息子が可愛いならもっとしっかりしろよ!

ピュアなら他人に誤解され、利用されてもいいのか?

自分はどうなってもいいなら、泣いて喚いて暴れても自分の正当性を主張しなさいよ!息子のために!

視力と引き換えに、息子は大きな大きな苦しみを一生背負って生きていくことになってしまったじゃないか。

カトリーヌ・ドヌーブが知的で美しいです。

ビョークの歌も素晴らしいです。

ラストシーンは気分がドンヨリします。

このドンヨリは、引きずります。

第二次世界大戦下、ナチスドイツに翻弄されたユダヤ人ピアニストの壮絶な人生の記録。戦場のピアニスト(2002 仏、独、英、ポーランド合作)

主人公にコートと食べ物を差し出すドイツ人将校がイケメンです。

他人に親切にすれば、きっと自分に返ってくる…

とは限らないのが現実だと思い知らせてくれます。

カンヌ映画祭でパルムドールを受賞した作品ですから、映像も演出も素晴らしいです。

主役のエイドリアン・ブロディの名演技は、アカデミー賞主演男優賞を受賞しました。

受賞クオリティで、見る者をこれでもかと鬱な気分にさせてくれます。

でも「ミスト」の理不尽さや、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のいらだちとは違って

理不尽も人生の波の一つだと思わせてくれる、清々しい鬱エンドです。

重い気分になってもいいから、よい映画が見たいという方にお勧めします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[DVD] 戦場のピアニスト 公開10周年記念スペシャル・コレクション
価格:2996円(税込、送料別) (2017/6/14時点)

「海の上のピアニスト」(1998 伊)

もひとつピアニストつながりで。

DVDのジャケットがとっても素敵

.*:.。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。.:*☆

戦場のピアニストとは違い、海の上のピアニストは自ら選んだ人生の結末なので、鬱エンドとは言い切れないんでしょうけど…。

これはこれでハッピーエンド?

キリスト教的にどうなん?

まあこちらはファンタジーですしね。

主人公、陸に上がるのそんなに嫌だったの?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品】海の上のピアニスト DVD
価格:1500円(税込、送料別) (2017/6/14時点)

主人公が奏でるピアノ曲を聴くだけでも、値打のある映画です。

激しい波に揺られる船内で、まるで踊るようにピアノを演奏する主人公の輝く瞳が印象的です。

こんなに楽しそうにピアノを弾くイケメンは、柔道一直線の近藤正臣以来ですよ。

彼にとっては、海の上でピアノを奏でる瞬間こそが人生だったのでしょう。

音楽で感動をとか、癒しとかを期待して観ると、期待外れかもしれません。

ぼーっと見て、見終わってみたら何かわからないけど胸の奥に残る物がある、そんな作品だと思います。

主人公の選んだ結末は、見る人によっては鬱エンドですが。

レクタングル大

レクタングル大

おすすめ記事と広告



-映画や本の話

Translate »
error: Content is protected !!

Copyright© 映画とバレエと小銭と私 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.