「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」レビュー ネタバレあり注意

更新日:

夜中に見てはいけません。

なぜなら…

見ているだけで太ります(ウソwでも料理はとっても美味しそう)

働くってこういうことだよな、とちょっと悲しい気分になったり

働くってこういうことだよな、と元気が湧いてきたり

軽いコメデイなのに、心の中にいつまでも残りそうな良作です。

スカート・ヨハンソンのお色気の無駄使いが素敵です。

そして、ツイッターでつぶやくときは慎重にやろうと、この映画を見て思いました。

スポンサーリンク

あらすじ

ロサンジェルスの高級レストランでシェフを務める主人公カール。

彼は有名グルメブロガーの来店に備えて、革新的なメニューを準備していた。

しかしレストランのオーナーの安定志向を押し付けられ、「いつも通りのメニュー」を出すことになる。

その結果、グルメブロガーに「マンネリで何のおもしろみもない料理」「過去の遺物」とボロクソにブログに書かれてしまう。

ブロガーにツイッターで下品な口調で反論したところ、瞬く間に拡散されて炎上

カールの人気も店の評判もガタ落ち。

名誉挽回しようと再びグルメブロガーを店に呼び、今度こそ革新的なメニューで驚かせてやろうと意気込んだカール。

だがまたもやオーナーに「いつものメニューこそが我が店のプライドである。」と却下される。

店を再訪したカリスマブロガーと激しい口論をしたあげく、その様子を撮った動画をネットにアップされまたもや大炎上。

こんなのやってられるかと店を辞めたカールに、元妻がフードトラック(屋台)で各地を回りながら料理を売ることを提案する。

カールはフードトラックの提案を断るが、元妻の強い誘いで元妻と息子と共に出身地のフロリダを訪れる。

そこで出会うキューバ風サンドイッチが、彼の人生を大きく変えることになるとは全く知らずに…。

こんな仕事、やってられるか!と一度でも思ったことがあるなら

実は実話が元になってます

SNSによってドン底に落とされた男が、今度はSNSの力で大成功を掴む今どきなアメリカンサクセスストーリー。

実話をアレンジした話だということに驚きました。

主人公のシェフのモデルになった韓国系シェフ(この映画の料理指導者)は、本当に有名レストランを辞めてフードトラックで自分が本当に作りたい料理を作って売り始め、成功を収めたんだとか。

アメリカにはまだまだ夢がころがってるんだねぇ~。

そしてこの映画の監督自身も、上に「絶対ヒットするから」と言われて大作映画を撮ったものの作品の評判はドン底。

上に言われて作った映画なのに、叩かれるのは監督自信。

やってられっか、俺は自分が本当に撮りたい映画を撮るんじゃい!!

と作ったのがこのヒット作品「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」だというんだから、アメリカって何だかんだ言っても、まだまだ可能性を秘めた国なんだなと思いました。

仕事をしているなら誰しもが一度は抱える

「自分は本当にこんな仕事がやりたかったのか?」

という思いを監督が直接ぶつけた映画だからこそ、心に響いて来るのかも知れません。

この映画で、私も人の心を取り戻せるかも?

NHKの朝ドラ風味の、みんなが主人公に手を差し伸べてくれて

多少の苦労はあってもすぐ解決して、ていう

私の大嫌いな、全てがトントン拍子の甘すぎる展開なのに

美味しそうな料理やストーリー運びの軽快さに引っ張られて

フィナーレまで一気に見てしまいました。

派手な元妻が、地味なTシャツを着てバリバリ客をさばいている場面ではつい
「よかったじゃん!」
と声が出てしまいましたよ。

元妻は見た目は派手だけど、元夫のためにいつも一生懸命で可愛いんです。

小学生の息子もいい子で、どうかこのまままっすぐに育ってほしい。

最後は主人公と元妻は再婚するし

意地悪だと思っていたグルメブロガーが、実は主人公を全力で応援していることが判明したりで

登場人物も観客も、全員ハッピーな気分で気持ちよく大団円を迎えるわけです。

アイアンマンも、そのまんまのキャラで出てきますw

結婚にはシビアな描写が多くなってきたアメリカ映画ですが

この3人なら、喧嘩しながらもきっと幸せに寄り添って生きていくんだろうなと思わせる、幸福感あふれる映像に涙腺が緩みます。

諸悪の根源?のグルメブロガーまでが、超いい人になって再登場するのは出木杉感ありますが

それすらも「よかったね。」で済ませてしまえる、包容力ある映画です。

なんで私こんなに優しい気持ちになってるの? おかしい(笑

アートのような調理、ヨハンソンの食べ方は18禁ものw

小粋な音楽に乗せて、次々と披露される華麗な料理の過程
小麦粉が食材にフワリとふりかかる場面ですら、アートのように美しい。

日本では馴染みの薄い料理が多いのですが
それもまた雑誌「エル・グルメ」みたいな雰囲気を醸し出していて
時間を忘れて見入ってしまいました。

私が知ってる料理は、グルメブロガーに悪評を書かれたポーチドエッグとフォンダンショコラ

あとスカーレット・ヨハンソンが食べたペペロンチーノだけw

キューバサンドイッチなんて、味の想像が全くつきませんわ。

そんな料理の数々を、楽しそうに次々と作るシェフたち男3人。

軽快な料理の過程を見てると、自分まで料理上手になったような錯覚に陥ります。
このウキウキ感、レシピ動画サイトが流行るのも納得です。

キューバ風サンドイッチの作り方は公式サイト↓に載ってました。

おいしそう❤

豪華キャストの無駄遣い←褒めてます

ダスティン・ホフマン、スカーレット・ヨハンソン、ロバート・ダウニー・Jr

名前は憶えていなくても、顔を見れば「ああ、この人知ってる。」と誰もが言う有名俳優たちが

え?こんな小さな役でいいの?と思うような役で出てきます。

小さい役とは言っても、ロバート・ダウニーJrもヨハンソンも、それぞれの個性を活かしたニヤリとできる役なんですが

ダスティン・ホフマンはちょっと気の毒。

あれ、別に彼じゃなくてもいいような役じゃない?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シェフ 三ツ星フードトラック始めました [ ソフィア・ベルガラ ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/6/8時点)

おすすめ度 ★★★★

いい映画なんですよ、すごく。

でもあちこちの映画評でチラホラ書かれているような

「家族で楽しめる映画」

ではないと思います。

主人公を含む男性たちにゲスなセリフがあったり

スカーレット・ヨハンソンが無駄に色っぽくスパゲティを食べたりと

よい子に見せていい映画ではありません。

大人には、セリフの下品さやヨハンソンのお色気は余裕の許容範囲です。

見終わった後に

仕事は面白くないけど、ちょっと自分で面白くしてみようかな

そう思わせてくれる作品でした。

2015.6.24(水)ブルーレイ&DVD発売『アイアンマン』シリーズのジョン・ファヴローが監督・脚本・主演を務め、ロバート・ダウニー・Jr、ダスティン・ホフマン、スカーレット・ヨハンソンら豪華キャストが共演。ジューシーな料理の数々やご機嫌なラテン音楽、旅行...

レクタングル大

レクタングル大

おすすめ記事と広告



-映画や本の話

error: Content is protected !!

Copyright© 映画とバレエと小銭と私 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.