シン・ゴジラのネタバレと感想 最高!歓喜!でも怪獣映画を期待するなら最低

更新日:

2016年邦画最大のヒット作でしたが、内容については賛否両論あるようですね。

私は特に知識なく見たんですが、いやーハマりました。

「シン・ゴジラ」で描かれるのは怪獣VS地球防衛隊でもなく、ゴジラ対なにか他の怪獣でもなく

組織VS組織政府VS個人日本VS諸外国官庁VS現場の戦いを緊張感と笑いで包み

JRが特攻してゴジラに冷え冷えジュースを飲ませる様子を描いた映画です。

ゴジラ対ガメラとか、ゴジラ対ビオランテなどに代表される正統派怪獣ドンパチを期待すると、大変ガッカリする内容となっています。

「シン・ゴジラ」は怪獣ではなく人間を描いた映画です。

政治ニュースに興味のある方

若干保守傾向のある方

非常事態の政府の対応について興味のある方

自衛隊ファンの方

JRに乗る機会の多い方にはさらに楽しめる内容となっております。

もちろん映画館の大スクリーンで見てほしい作品ですが、リビングで家族や友人たちと

「甘利元大臣がなぜ映画に出てる?」とか

「N700系に何をさせるんだ!」

と騒ぎながら見るのも楽しいと思います。

スポンサーリンク

レクタングル大

あらすじ(ネタバレ注意)

謎の無人ボートと尻尾

無人トレジャーボートが発見される不穏な場面で映画は始まります。

無人で漂う船って、不吉以外の何物でもありません。

ましてや船内にぽつんと、きれいに揃えられた革靴なんかあった日にゃ…。

と思ってたら東京アクアラインで謎の海水ぶっしゃー

閣僚は会議で何アレ何アレ知らないよと繰り返すうちに、謎の巨大生物のシッポが見えた!

「でも水棲生物は陸に上がると自重で潰れて死ぬから、あの巨大生物が東京に上陸することは絶対にありません。

総理大臣の私が断言します!」

と思ったら、上陸しちゃってたわテヘペロ

ゴジラのお散歩

上陸した謎の巨大生物(ゴジラ)、なにこれカワイイ!

お目目くりくりのベビーゴジラが蒲田の街をハイハイでお散歩。

ですがベビーと言えども巨大生物。

時々エラからぶっしゃーっとゴジラ汁をこぼしながら歩くと、建物は壊れ橋はぶっ飛び大迷惑。

逆流する河、流される無数の自動車、いとも簡単に崩れ去る街、混乱しただ逃げ惑う人々、

震災を思い起こさせる場面の連続に、見る者の心がすくむ。

恐ろしい光景と、ゴジラのキュートなアホ面のアンバランスさが禍々しさを増幅させる。

政府閣僚は不測の事態に対応できず、まずは会議して対策室を立ち上げて

また会議してゴジラに対応るすための法律を成立させて

また会議して…。

変な英語を話すルー大柴みたいな美人米国大統領特使(石原さとみ)が現れて

「牧教授という人物がカギを握ってるから、その牧教授を探して。」

と変な頼みごとをしてきて、ますます現場は大混乱。

ちぐはぐな対応しかできない総理大臣

振り回される現場

あれもこれも見たことのある光景。

そうこうしているうちにベビーゴジラは成長し二足歩行に。

人間の戦力なめんな!

ゴジラは体の成長と共に凶悪度もUP←あかん子

米軍にゴジラを追っ払ってもらおうか、との提案に

日本を守るのは日本じゃゴルァ!と麗しい防衛大臣の一声で

自衛隊がここぞとばかりその戦闘能力を見せつけます。

空自キター!

態勢を全く崩さず超低空飛行するヘリかっこぇぇぇぇぇ!

この荒波にも平気で立ち向かえる救助用機は、辛坊治郎を助けたアレだ!

陸自の攻撃は斎藤工がジャスティース!

海自も海上保安庁も見せる魅せる。

だからなんじゃーっと反撃するゴジラ

もうドカーンでバゴーンで

ゴジラも背中から光線キィィィィンで口から炎パオーンで東京あかーん!

自衛隊ファンでなくても軍事マニアでなくても、この迫力と壮観さには惚れ惚れ。

ピエール瀧の自衛隊員姿は似合い過ぎて、ピエールが映る度にSIREN2の世界に飛ばされたわよ。

戦闘機など一つ一つの名称を字幕で教えてくれるので、自衛隊カタログとしても楽しめます❤

しかし自衛隊もゴジラの神がかり的な強さには歯が立たず。

防衛大臣の「残念ですがここまでですっ。」のセリフからは無念さがヒシヒシと伝わるよ、余貴美子見直した。

現場の人間達は不眠不休で頑張っているのに、国会前で「ゴジラを倒せー」と何の役にも立たないデモを繰り広げる人々。

「対馬沖で不審な動きが…」

この非常時に笑わせてどうする、●国さんよ。

大人子供関係なく被害に合い、総理大臣もイケメン俳優も平等に殺戮するゴジラの禍々しさは正に破壊神。

東京に核爆弾を?

日米安保ってことで出動した米軍のミサイルで、ようやくゴジラにかすり傷を負わせられたけど、通常の兵力では所詮はその程度。

もうこうなったらアレしかないでしょ?アレよアレ、

日本さんはよーくご存知の、アレですがな

と米軍が提議したのは、あろうことか東京に核爆弾を落としてゴジラの息の根を止めようという計画。

国連もノリノリ。

ふざけんなー!と日本人関係者全員激怒。

石原さとみも「アーユーシリアス?」と目を剥く。

国連に委ねて解決すれば、世界から日本に同情が集まり復興も早まると考える竹野内豊と

その作戦だけは絶対に受け入れられないと言う長谷川博己の対峙シーンは

「日本のいちばん長い日」を思い出させました。

どちらも日本の行く末を案じてのことなのに、なんでこうもかみ合わないのか…。

ヤシオリ作戦GO!

東京に核爆弾なんか断じて落とさせるかと、長谷川博己達オタク集団が密かに進めるのは、ゴジラの体内に冷却材を大量注入し、ゴジラを冷え性にさせて動きを止めようとする計画。

名付けてヤシオリ作戦

ゴジラは八岐大蛇で、長谷川博己は大国主の命ってわけですか、しぶいっすね先輩。

今までさっぱり訳がわからなかった牧教授のデータを解明するカギは「折り紙」。

ドイツの研究者や各国のスパコンの協力も得て、やしおり作戦決行!

まずは新幹線N700系による捨て身の陽動作戦が大成功。

日本人の夢である新幹線に特攻させるとは、そりゃJR東日本の株価も上がるわ。

たじろいだゴジラにすかさず高層ビル群をぶつけて囲い込み。

ゴジラが可哀そうになるくらい、ビルぶつけ過ぎ。

倒れたゴジラに冷却材はいどーぞーとストローをお口に入れてあげる。

巨大注射器でブスッとやるんじゃなくてストローでちゅるちゅる飲ませるんですね、カワイイ。

何このジュース、マズイ!と再び暴れだしたゴジラに、またもJRが立ち上がるぜ!

もうね、このJR在来線たちの特攻シーンがカッコよくてカッコよくて、あたしゃ歓声あげてしまいましたよ。

日本を守るためなら技術も車輛も駅舎も惜しまないJR東日本に栄光あれ。

再び倒れたゴジラに、またもストローがキュルキュル忍び寄りw

冷却材おかわり!

体の芯まで冷えたゴジラは、睨みをきかせたまま堂々の立ち往生。

弁慶や!

ヤシオリ作戦成功!

東京の復興も意外に早いかも、とつぶやく市川日名子の笑顔(超可愛い)に、私たち観客も思わず安堵のため息。

で、東京のど真ん中で凍結したデカいゴジラどうするのあれ?

 

押し付けられてイヤイヤ就任した総理大臣が、実は大変な日本的外交手腕を発揮していたとわかる場面は胸アツ。

巨大フィギュア化したゴジラを遠目に愛でながら

「私がアメリカの大統領になったら、そのときはあなたが日本の総理大臣。

そうなれば最高のグレイトだぜ。」

と言う石原さとみに

「傀儡だろ。」

と吐き捨てる長谷川博己。

最後にゴジラのシッポの先を写して映画は終わり。

エンドロールに流れるのは歴代ゴジラを彩った名曲の数々。

めでたしめでたし、じゃないよ。

ゴジラは死んでないから、次にまたゴジラが動き出したらそのときこそ核の雨が東京に降り注ぐ。

それを虎視眈々と待っている中露とアメリカ。

ゴジラは再び動き出すのか?

ゴジラの尾の先が示すものは果たして?

シン・ゴジラの見どころ

「終」の文字に至るまで、ゴジラ愛がほとばしる作品でした。

怪獣好きの小学生達が「ねえねえ見て!これカッコイイでしょ!

僕これ好きなんだ!」

と瞳をキラキラさせて作ったような映画です。

ニュース番組、ワイドショーの再現率の高さにも注目。

日本!日本!

ゴジラという脅威に対して、核の威力で解決しようとする欧米列強(と中露)

宮沢賢治に折り紙に神話に新幹線にお辞儀にと、日本らしさの波状攻撃で対抗した日本。

日本えらい。日本すごい。

いちいち会議しないと災害対策も立てられない政府の姿は歯がゆいです。

それでも日本なら、日本人ならどんな困難も乗り越えられるはず!

と信じさせてくれます。

本当の虚構とはゴジラではなく…

ゴジラVS日本 虚構VS現実

というのはつまり

石原さとみとゴジラの虚構チームが、長谷川博己ら俳優陣と観客の現実チームを激しく困らせる。

てことでよろしいと思います。

石原さとみ演じるカヨコ・アン・パターソンは頭の切れる日系人には全く見えない。

石原さとみが英語を頑張ったのはよくわかるし、何とかアメリカ人らしさを出そうと工夫しているのもよく伝わってくる。

でもさ、彼女からは日本人らしさが漂い過ぎるのよ。

アメリカ生まれアメリカ育ちの日系人ではなく

アメリカにたった3ヵ月短期留学してきただけで

「ああ!これだから日本って嫌い。

あたしにはやっぱりアメリカの方が性に合ってる。」

なんて言っちゃう派遣OLにしか見えないよ。

こういう女性は90年代の日本には掃いて捨てるほどいたけどね。

今は彼女たちどうしてるんだろ。

大統領特命大使は日系人じゃなく、日本語ペラペラの野心的なアメリカ人女性っていう設定じゃダメだったのかしら。

トリバゴの金髪の人でいいじゃん。

と思ってたら終盤の核爆弾に激しく抵抗するには、やっぱり日系人設定が必要だったのね。

おうふ!(カヨコの真似)

レクタングル大

レクタングル大

おすすめ記事と広告



-映画や本の話

error: Content is protected !!

Copyright© 映画とバレエと小銭と私 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.