バレエシューズを洗濯機で半年間洗い続けた結果、アリエールの実力を知った

更新日:

バレエのレッスン後は必ずバレエシューズを洗濯機で洗っていることは、過去記事でお伝えしました。

バレエシューズを初めて洗濯機で洗ってみたあの日から約半年。

水洗いを続けたシルビアのバレエシューズがどうなったかをご報告します…。

洗濯化学のアリエールってスゴイよ

突然なんのこっちゃと思った方はぜひお読みください。

スポンサーリンク

洗濯機で洗い続けたバレエシューズの末路をご覧ください。

先代(はい…つい先日まではお元気でしたのに…)のバレエシューズ

160929_1342-01-thumbnail2

これは数回水洗いした後の先代バレエシューズです。

シルビア サザンクロスIV スプリットソールバレエシューズを、洗濯機の普通コースで普通にアリエールとレノアで洗って、普通に外干し。

多少ヨレたけど使用には全く問題なく、快適にレッスンで履き続けておりました。

半年間レッスンで履く、洗濯機で洗うを繰り返した結果…

アリエールはすごいということがわかった。

下の写真をご覧ください。

別物に見えますが、どちらも同じシルビアのサザンクロスⅣですよ。

foodpic7631644

左がこれまで履いていた先代サザンクロスⅣ。

右が今回新しく買ったサザンクロスⅣです。

全く色が違う!

アリエールは汚れも落とすけど布の色もこんなに落とすのね。

初めてこのバレエシューズをアリエールで洗ったときの

「何これ、白くなった!」

という驚きは忘れませんよ。

白いシャツを真っ白に洗い上げるあのCMはウソじゃなかった!

さすが洗濯化学のアリエール

洗濯科学って何よ( ´∀` )

忙しいときはつい白物と色物を分けずにまとめて洗っていたけど、今後はきちんと分けて、洗剤も使い分けようと強く思いましたわ。

ところが困ったことが起きました。

バレエシューズが縮んだ

布製のバレエシューズなので、そりゃ洗えば縮みますがな。

当たり前なんですが、買うときは水洗いするなんて全く考えていなかったので普通に普段の靴のサイズ+1cmの大きさのシューズを買ってました。

それを洗ったもんだから、指のあたりがキュッときつくなってしまいました。

タイツを履いてレッスンする日は問題ないんですが、五本指ソックスを履いたら指が痛くて痛くて、レッスンに集中できない日もありましたよ。

色落ちは別に気にしないけど、レッスン中に脱げるのはダメ、絶対。

更に

甲のばってんゴムが伸びきってしまった

履き古したパンツのゴム状態で、ヨレヨレのビローンよ。

これはアリエールは関係ないと思うけど(笑昨日のレッスン中に突然シューズが脱げ、危うく転ぶところでした。

グリッサード中に踵がスポッと脱げて、つま先で引っかかってブラーンとなってしまったのよ。

そろそろゴムやばいかなー、でもゴムだけ取り換えるの面倒だし、と思っていたらこんなことに。

というわけで新しいバレエシューズを買うことにしました。

ゴムを付け替えるなんて面倒なこと、裁縫が苦手な私にはハードルが高すぎますので( ー`дー´)キリッ

水洗いした清潔なバレエシューズの心地よさを知ってしまうと、レッスン後に洗っていないシューズはもう履きたくありません。

次に買うシューズも、もちろん水洗い前提で探しました。

シルビア サザンクロスⅣ スプリットソールバレエシューズシルビアのサザンクロスⅣは

  • 土踏まずの部分がストレッチ素材なので、細幅の足にもぴったりフィットするのが嬉しい。
  • スプリットソールだから足裏の筋肉が弱い私も甲が出しやすいし。
  • なによりお安い
  • ウォッシャブルじゃないけど洗っても大丈夫なのは検証済み!
シルビア初の伸縮型バレエシューズ。土踏まずの部分に伸縮性のある生地を使用しているためどんな足にもフィットします。シルビアの人気商品です!

でもシルビアのオンラインショップって、他のネットショップと違ってちょっとめんどくさい。

欲しい商品をポチるだけでは、お買い物は成立しないんです。

まずお店が在庫を確認して「在庫あるよ。」とメールを送ってきます。

その後シルビアの担当者から電話がかかってくるので、カード番号など必要事項をお知らせしてやっと買い物成立。

ネット決済よりも電話の方が個人情報が流出する心配は減るけど、めんどくさい。

早くポチ一発で買い物できるアマゾンで全商品対応してください、シルビアさん。

で、買いましたサザンクロスⅣfoodpic7631647

新しいバレエシューズは布がシャキッとしていいわ❤

もきゅんきゅんに張ってるし。

洗って縮むことを想定して、普段の靴より1.5cmも大きいサイズを2足買いましたよ。

昨日レッスンで履いたらやっぱり大きすぎて動きにくかったわwそして当然、今日は洗われてベランダで干されております。

これでちょうどよく縮んだはず。

チャコットのウォッシャブルバレエシューズ惹かれたんですけどね。

チャコットのウォッシャブルってゴムがレースみたいできれいだし、なんせ天下のチャコットですよ。

チャコット製品の丈夫さは誰もが保証するところです。

商品説明には優しく手洗いするように書かれていますが、雑に洗っても何年でも履き続けられると思います。きっと(知らんよ、知らんけどね。ただの推測よ。)

ですがチャコットのバレエシューズはどれも幅がやや広いので、細めの足幅の私が履くと巾着状態に。

チャコットのストレッチシューズは細めの足にもフィットするという噂ですがウォッシャブルではないので、水洗いした結果がどうなるかちょっと怖い。

お高いチャコットさんのシューズで冒険する勇気はなく、今回は見送ることにしました。

一般的な足幅の方には、ウォッシャブルでもそうでなくても、チャコットのバレエシューズはとてもいいと思います。

数年前まではチャコットのバレエシューズは布がガサガサして苦手だと言う人も多かったんですが、今はかなりよくなっています。

丈夫さはダントツだし、種類は多いし、店舗が多いのはやっぱり便利だしで、なんだかんだ言ってもチャコットはバレエ用品のトップブランドですよ。

ご注意

シルビアのサザンクロスⅣに限らず、ウォッシャブルと明記されていないバレエシューズを洗う場合は、自己責任でお願いします。
ご自身のバレエシューズを洗って不具合が生じましても、こちらは一切責任を負えませんので悪しからずご了承ください。

レクタングル大

レクタングル大

おすすめ記事と広告



-大人から始めるバレエ, その他あれこれやってみた

error: Content is protected !!

Copyright© 映画とバレエと小銭と私 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.