どんな靴を履いても足が痛くなる原因はコレだった?

更新日:

どんな靴を履いても痛くなる私の足は幅広甲低。

23.5cmで指はちょっと長め。ほんの少し外反母趾ぎみ。

幅広の足だから靴も幅広を履いてきましたが、それでも痛むので、もう特注の靴を作るしかないかもと考えていました。

ですが特注は特注でも、幅広ではなく極細の靴が必要だったということがわかり衝撃を受けました。

EEEの靴を履いても痛むくらい幅の広い私の足が、極細ってどういうことなんでしょうか。

スポンサーリンク

レクタングル大

Chacott(チャコット)で言われた衝撃の一言

靴を履くと足が痛くなるのは、誰でもある程度は普通のことだと思っていました。

特に足指とその付け根辺りが激しく痛むので、靴はできるだけ幅の広いものを選んできました。

EからEEに変え、それでも痛いからとEEEを履いていました。

ですが、実は幅の広い靴を履くことが痛みの原因になっていたとは知らなかったんです。

どこの靴屋でも、足が痛いと言うと「それじゃもっと幅の広い靴にしましょう。」と言われてきました。

ところがあのダンス用品専門店チャコットで、「お客様は足幅がとても狭いので、普通よりもっともっと細いシューズが必要です。」と言われたのです!

足が細いのに、幅広靴を履いても痛いってどういうこと?

もうワケわからんと思い、整形外科で診てもらったり靴屋さんに相談したりした結果をまとめますと

足の幅を勘違いして、幅の合わない靴を履くことで足が痛くなる人が多いのだそうです。

そして私は、足が痛いのは幅広足だからと勝手に勘違いして、長年幅広靴を履いていたことが更に足の痛みをひどくしていたということだったのです。

靴を履くと足が痛くなる、よくある原因

  • 足の縦のサイズだけで靴を選んでいる。

靴はメーカーやブランドによって、同じサイズでも幅が広めのもの、細めのものなど様々です。

靴を買うときに試し履きをするのは、足の幅と靴の幅が合っているかを確認するためでもあるのです。

  • 左右で足の大きさが違う

たいていの靴屋で売られている靴は、左右の大きさが同じです。

ですが人間の体はピッタリ左右対称であることの方が珍しいものです。

私も左右の目の大きさが違うし

鼻もよく見ると曲がってるし

脚の長さが左右でかなり違う人もいますそれは私だ。←腰痛の原因の一つ。

体の様々な部位に左右で差があるのですから、足のサイズも左右ピッタリ同じだという方が珍しいのかもしれません。

どちらか小さい方、あるいは大きい方の足に合わせて買った靴が、合わない方の足を苦しめている場合が多いらしいです。

足の幅についても、左右差がある人が多いのだそうです。

  • 足の指の形に、靴が合っていない

エジプト型というのが、私の足指の特徴らしいです。

エジプト型とは、親指が一番長く小指にかけて順番に短くなっている足のこと。

日本人に最も多い型で、外反母趾になりやすい足なのだそうです。

エジプト型の足を持つ人が、先が細く尖ったポイントトウや先がまん丸いラウンドトウなどの靴を履くと、足の指に痛みを感じることが多いということです。

  • 足のアーチが崩れている

足は本来、体重を支えたり運動によるショックを和らげるために微妙なアーチを描いているのだとか。

そのアーチが、姿勢の悪さや運動不足などが原因で崩れてしまうと、どんな靴を履いても痛む原因になるのだとか。

足のアーチが崩れるとこんなトラブルが

  • 足が疲れやすい
  • 歩くと膝や足の裏が痛む
  • 指の付け根(肉球みたいな、盛り上がっているところ)あたりにタコができる。
  • 陥入爪(巻き爪)になる。
  • 本来は全て地面に着いているはずの足指が、数本浮き上がる。

人差し指、中指、薬指のどれか、あるいは全て浮き上がっている人も多いらしいです。

足指が浮き上がっていると当然足の接地面積が小さくなり、体を安定して支えることがむずかしくなります。

不安定な立ち方をしてれば、そりゃ足の痛みも起きるわ、てことらしいです。

どうやら私がどんな靴を履いても足が痛くなるのは、足のアーチの崩れが原因のようです。

足のアーチが崩れた原因は、多分姿勢の悪さと運動不足

そしてアーチの崩れをさらにひどくしたのは、幅の合わない靴を長年履き続けたからだろうということです。ぁぁぁ…。

何を履いても痛い足、一体どんな対策をすればいいの?

足のサイズを測ってもらおう

シューフィッターのいる靴屋さんで、足を測ってもらいましょう。

ただ23cmとか24.5cmとか縦のサイズだけでなく、指の付け根あたりの幅やアーチの深さもしっかり図ってくれます

計測結果を基にオーダーで靴を作ると、最も自分の足に合う靴が手に入ります。

オーダーメイドの靴は高額なイメージがありますが、1万円前後から注文できるショップもあります。

オーダーまでは…と思う人(私のこと)も、自分の足の幅や指の形を知っておけば靴選びの大きな助けになります。

「自分の足はギリシャ型だから、この先っぽが細くなった靴はやめておこう。」

「同じ24cmでも、このブランドは幅が広めだから自分には合わないな。」

など、今まで気にしなかったことを気にするだけでも足の快適さに差が出るらしいです

足のサイズを計測してもらったら、必ずオーダーしなきゃいけない雰囲気になるのは否めませんが…。

足を測ってもらうと、靴をオーダーしなきゃいけないんでしょ?

デパートやスポーツ用品店など、ショップによっては期間限定でイベント的に、大々的な足の測定会をしているところもあります。

そういうイベントは、売ることも大事ですが

「うちの店では足のサイズをきっちり計って、足に合う靴の選び方を親身になってご説明します。」

ということをアピールすることが目的です。

だから計ってみるだけでもどうぞ、という場合が多いです。

だからそういう機会を見つけたら、ぜひ足を測ってもらってみてください。

足の左右差はこんなグッズで解消できるかも

中敷きで調整する

足の裏の形をした中敷き、つま先部分だけの中敷きなど種類がありますので、自分の足に一番しっくりくるものを選んで。

詰め物で調整する

カカトやつま先に何かを詰めて、サイズ調整する方法もあります。

詰める物は柔らかい布、ティッシュ(私の母はいつもコレ)など、足に負担のかかりにくい素材ならなんでもOK。

ウレタン製の詰め物は足の形に合わせて変化するので、フィットしやすく違和感が少ないと思います。

耐震マットを靴の内側に貼る

地震時に家具が倒れるのを防止する、粘着性のあるマットです。

うちではテレビの足の底に貼って、テレビ台からテレビがズレにくいようにしています。

この耐震マットを靴の内側、主にかかとに当たる場所や、指の付け根の肉球みたいな場所に当たるところに貼り付けています。

靴の中で足がズレて、痛むのを防止できるらしいです。

専用の靴用滑り止めパッドがデパートの靴売り場や、ドラッグストアに売っていることもありますが、高いので100均の耐震マットで充分です。

効果?うーん、私は特に足のゆがみがひどいのでイマイチ効果が感じられません。

知人はこの耐震マットを靴の中に貼って、足が疲れなくなったと喜んでいますので個人差があるようです。

外反母趾やアーチの崩れが、まだそこまで進んでいない人には効果的なのかもしれません。

どんな靴を履いても足が痛いのは、コレのせい?

どんな靴を履いても足が痛いとお悩みの方へ

もしかしたら、あなたの足が痛いのは、あなたの足が悪いのでも靴が悪いのでもなく

「自分の足の幅やサイズを知らないから」

かもしれません。

自分の足は幅広足だと思っている方へ

本当は幅広足じゃないのに、幅広足だと思い込んで幅広の靴ばかり履いていることが、腰痛や巻き爪などのトラブルの原因になっているのかもしれません。

なんだか久々にまとめ記事っぽいものを書いたら、えらく疲れたわ(笑

でも今日の記事が、足の痛みに悩む方が「もしかしたら私の足も?」と考えるきっかけになれば幸いです。

おことわり

この記事は私が個人的に聞いた話をまとめたものです。
記事の中には医師から聞いた話も含まれていますが、あくまでも私の足に関する話です。
ですから、どなたの足の痛みにも当てはまるわけではありません。
記事は参考程度にお考え下さい。

レクタングル大

レクタングル大

\ シェアしてください /

おすすめ記事と広告



-その他あれこれやってみた

Translate »
error: Content is protected !!

Copyright© 映画とバレエと小銭と私 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.