大人のバレエ初心者にはレオタードなんていらない?レッスン着ぶっちゃけ事情

更新日:

バレエを習ってみたいけど、レオタードやタイツなんて恥ずかしくてとても着られないし…

なんて思っていませんか?

安心してください。

はっきり言ってバレエ初心者にレオタードやタイツなんて必要ありませんよ。

スポンサーリンク

レクタングル大

バレエ初心者のレッスン着ってどんなのがいいの?

レオタードに興味があるならば、どんどん着てください。

レッスンでレオタードを着ると気分が上がりますから。

でもあちこちのバレエ用品ショップが宣伝しているような

大人バレエ入門セット(レオタード、レッグウォーマー、スカート、タイツ、シューズなんかのまとめ売り)

なんて最初から買う必要はありません。

続くかどうか心配なら、なおさらお高いバレエ用ウェアなんか買わなくても結構です。

大人のバレエレッスン体験に必要な持ち物?タオルと水だけです

体験レッスンに行くなら、手持ちの

動きやすい服装(Tシャツとレギンスとか、ジャージとかでOK)

タオル、水

これだけあれば十分です。

何を着ればいいの?

普通に外を歩いている格好ではレッスン中は動きにくいですし、先生に対して失礼になりますからそこは常識範囲で。

ストリートダンスではブカブカのTシャツやパンツがカッコイイらしいですね。

でもバレエレッスンで着る服は、あんまりブカブカしていない方がいいと思います。

でも細かいことは気にせず取り敢えずは、運動するときの一般的な服装を基準に考えればOKです。

服装で気にするのはそれくらいでしょうか。

バレエシューズは必要?

バレエシューズは持っていなければ、教室が貸してくれる可能性が高いです。

体験レッスンに限り、ルームシューズなどでもOKな教室もあります。

但し布製で、カカトをしっかり覆う脱げにくいものをね。スリッパタイプのルームシューズはNGです。

バレエにレオタードは必需品じゃないの?

体験レッスンでは、すでに入会している生徒さん全員がステキなレオタードに身を包んで軽やかに踊っているように見えるかもしれません。

でもそれ、思い込みですから(笑

実際は大人初心者クラスの生徒さんはレベルもいろいろですし、着ているものもいろいろです。

レオタードとレッグウォーマーでバッチリ決めている人もいれば

タンスの中から適当に引っ張り出してきたようなTシャツとレギンスでレッスンしている人もいます。

ほとんどの大人向けバレエ教室では、動きやすい服装なら何を着てレッスンに参加しようが自由です

必要な持ち物として、レオタード、タイツ、バレエシューズと書いてある教室もあります。

しかしほぼどこの教室でも、バレエシューズ以外は持っていなくても何も言われません。

まあバレエシューズは2,000円程度ですし、普通に室内履きとして普段使いできますので買っても損はないと思います。

ご注意

小学生が体育館で履くビニールのバレエシューズや、外を歩くためのバレエシューズはバレエレッスンでは使えませんのでご注意を。
バレエレッスンで履くのは、バレエ用品専門店で売っている布製で底に皮が貼ってあるとても柔らかい靴です。
バレエ用のバレエシューズでは、外は歩けません。

レオタードはレッスンの必需品ではない?

実際の大人バレエクラスでは、みんなどんな格好でレッスンを受けているのでしょうか。

  • レオタード+タイツ+スカート+レッグウォーマー+いろいろステキなバレエ用品を身に付けている人

素適なバレエウェアで全身バッチリ決めている人は、教室でも目立つしオシャレでうらやましいです。

でもバレエが上手いならバッチリウェアも気分いいですけど、習い始めたばかりでまだまだできないことが多い人は

「私ったらド下手なくせに恰好ばかり一人前で恥ずかしい。」

という気分に陥る確率が高いですよ。

バレエ経験が全くない人なら、最初からキメキメに決めない方が精神的に落ち着くかもしれません。

でも「カッコだけ一人前で下手くそな私でごめんなさい。」と思っているのは自分だけです。

実は他の生徒さんはあなたがどれだけ下手でも全く気にしていません。

バレエ教室では、みんな自分のことで精いっぱいで、入門したてのヒヨコちゃんのことなんか気にしていられませんから。

始めたばかりの頃は何もわからず、何もできないなんて全員が経験済みです。

それでも「みんな上手いのに、私だけ下手クソだわウジウジ。」と思ってしまうのが初心者なんですよね。

それはクラスの生徒さん全員が通ってきた道なので、みんなわかってくれますよ。

  • レオタード+適当なTシャツや上着+スカート+タイツ

一番多いのがこのタイプの恰好でレッスンを受けている人ではないでしょうかね。

レオタードは着るけれど、体のラインが丸見えになるのは恥ずかしいのでTシャツを着たりカーディガンを羽織ったりするんです。

冬場はレオタードだけでは肌寒いので、パーカーを羽織ったままウォーミングアップする人も多いです。

Tシャツはバレエショップのものでなくても、スーパーで売っているもので充分です。

ただし明るめの色やグレーなど、汗ジミが目立つ色は避けた方がいいかも。

カーディガンやパーカーはバレエ用はピッタリフィットして動きやすくていいです。

ですが動きやすいものなら別にジャージの上でもユニクロのベストでも何でもいいんです。

長すぎる羽織りものは動きにくいですし、先生も指導しづらいのでウエストくらいの丈がちょうどいいと思います。

  • 全て適当な、家にあるものを着ている人

私です。

ユニクロやダイエーなどで買ったブラキャミ(布地が厚めのもの)と、同じくユニクロなどで買ったレギンス。

レギンスを履いた上から、バレエ用ニットパンツを重ねています。

普通の店で売っているニットパンツはいかにも「下着」なので、ニットパンツだけはバレエ用を買って履いています。

あとは適当なTシャツか、冬はしまむらで買ったFILAのジャンパーを羽織って堂々とスタジオに登場。

すぐに熱くなってしまうので、タイツはなし。

寒いときだけレッグウォーマーを履きますが、これは近所の生協で580円で買ったものです。

ふんっ貧乏でさーせん。

こんなんでも着てしまえば意外にバレエっぽい格好に見えるから不思議ですよ、いやほんと。

私のようにここまで安上がりにしている人は少ないかも知れません。

が、似たようなあり合わせでバレエっぽくなる工夫を楽しんでいる人は他にも何人もいます。

それでも着たくなるのがレオタード

しばらくレッスンに通っていると、やっぱりレオタード買おうかなと考え始めるかもしれません。

周りがステキなレオタードやスカートを身に着けてレッスンしているのを見て、自分も着たくなるのは自然なことだと思います。

高価なレオタードを買ったから安易にやめられないぞ、と気持ちを引き締めるのも賛成です。

レオタードは着てしまえば動きやすいですし、何度洗濯してもヨレヨレになりにくいです。

スーパーで買ってきたレギンスはすぐにビロンと伸びますが、バレエショップのレギンスは思い切り開脚しても伸びません。

バレエ専用のウェアは、やっぱり値段がお高いだけのことはありますよ。

レオタードは様子を見てから買っても遅くない、これが大人バレエの結論です

レオタード着用のことと規定のある教室でなければ、急いでレオタードを買う必要はありません。

そもそも大人の初心者に対してそんな既定のあるバレエ教室はほとんどありませんから。

先生はさすがにレオタードを着ていらっしゃいますが、Tシャツや羽織りものは適当なものを着ておられる方も多いです。

体験レッスンはもちろん、入会してしばらくは動きやすい服装ならOK

あとは普通のタオルとドリンク

それからバレエシューズがあれば充分です。

これまで計8か所のバレエ教室を見回ってきた私が断言します!

続けられそうなら、クラスの雰囲気や自分の気持ちに合わせて徐々に買い揃えていけばいいんです。

で、何を買おうかなとお店やネットであれこれ迷いまくるのも楽しいものです❤

レクタングル大

レクタングル大

おすすめ記事と広告



-大人から始めるバレエ

error: Content is protected !!

Copyright© 映画とバレエと小銭と私 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.