株初心者が「2ちゃんねる」で参考にしていいのはコレとコレだけ

更新日:

情報の早さや情報料の多さに惹かれて、2ちゃんねる(5ちゃんねる)の株板にたどり着く人も少なくないのではないでしょうか。

株初心者が2チャンネルを見るときの注意点とコツについてご説明します。

スポンサーリンク

レクタングル大

にちゃんねるは危険だから見てはいけない?

2ちゃんねるはご存知の方も多いとは思いますが

「ハッキング」から「今晩のおかず」までを手広くカバーする巨大掲示板群『2ちゃんねるへようこそ!

出典:2ちゃんねる

とトップページに書かれている通り、あらゆる情報が集まる掲示板です。

好きな芸能人の情報や、次に買いたい家電製品の情報などを2ちゃんねるで集める人も多いですね。

ですがそのノリで株の情報を2ちゃんねるに求めることは自然な流れかもしれません。

初心者のうちは2ちゃんねるの株関連スレッドは見ないこと!

というのが私の持論です。

ですがやっぱりにちゃんねるの情報料は魅力的。

そこで、株初心者がにちゃんねるを見るなら、こういうふうに見ればいいんじゃない?という私なりの観点をご紹介します。

株初心者は「2ちゃんねる」をこう利用しよう

特に2ちゃんねるの株式板には

「今買えばいい株」

「明日の日経平均を予想するスレッド」

など魅力的なタイトルのスレッドがズラリと並んでいます。

ですが流れが相当に早く玉石混交の2ちゃんねるスレッドで、公正で冷静な情報を見つけ出すことは株の初心者には至難の業です。

百戦錬磨の手練れ、はめ込み屋、煽り屋、にぎやかしたいだけの人等、魑魅魍魎が渦巻く2チャンネルですから。

純真な(?)株初心者をだまして損させようとしている悪質な書き込みも多いです。

そんな悪意はなくとも、2ちゃんねるのスレッドに株情報を書き込む人は初心者にいちいち配慮なんかしてくれません。

癖の強い銘柄、信ぴょう性の薄い銘柄を平気で「お勧め情報」として流してきます。

「今が買いだろ。」

「そろそろ売っておかないとヤバいぞ。」

などの書き込みも根拠がありません。

ただ煽っているだけの可能性もかなりあります。

よさそうな情報を見つけたと喜んで手を出してしまい、結局損をしてしまう株初心者も少なくないと思います。

中にはまっとな情報もありますが、初心者にとっては難易度の高い情報が多く選択を誤ると損が続いて退場…

ということにもなりかねません。

自分の投資スタイルが確立し、多少はメンタルも鍛えられて情報に踊らされることが減ったと思えたそのときに、2ちゃんねるの株式板をじっくり読むのがいいのではと考えています。

そうなって初めて、2ちゃんねるのスレッドの面白さがわかってくるのではないでしょうか。

私個人的には、株を始めてからそこまで到達するのに2年もかかってしまいました。

2ちゃんねるの株関連スレッドを参考にするのは

「もう少し投資の腕が上がってからのお楽しみ」

として取っておきましょう。

2ちゃんねるの中でも、これだけは参考になる!コレが現れたら買い時?

株初心者は見てはいけない2ちゃんねる、ですが実はそんな2ちゃんねるスレッドの中に、初心者にも役立つ「名物」があります。

数多ある株式関連スレッドの中でも特に流れが早く

つまり書き込みが多い=情報が早い。でも信ぴょう性はかなり怪しい

という特徴を持つ、人気の以下の2つのスレッドを見てください。

株式@2ch掲示板「今買えばいい株」

今買えば無題

市況実況1@2ch掲示板「急騰・急落銘柄報告スレ」

急騰無題

です。

まあ他のスレッドでもいいんですが

この2つのスレッドは流れが早いのでライブ感が抜群かなと思います。

このスレッドの中に、たまに登場するのが

もうだめだあ

出典:MATSUCON

最速下り

出典:FX下り最速ブログ

です。

可愛い絵文字ですね❤

これは日経平均が恐ろしい勢いで下がっている場合に、スレッドに満を持して現れるAA(アスキーアート)です。

スレッドの内容は読まなくても結構です。

というより心が乱れるので読んではいけません(笑

なんとなくスレッドの流れを見ていてこの絵が現れたら

「日経平均がすごい勢いで落ちているんだな。」

と考えても間違いはないはずです。

ということは、狙っていた銘柄が安く買えるチャンスが近づいているということです。

(持ち株の株価が下がっているということでもありますが…。)

株は「人の行く裏に道あり花の山」です。

日経平均がどんどん下がって、多くの投資家たちが嘆いているときこそチャンスだと考えましょう。

もうだめだぁぁぁが現れたらチャンスは近い!

ですがすぐに飛びついて買うのではなく、これからまだ下がるのかもうそろそろ切り返すのかを慎重に判断してください。

そして

「この株価なら買っても後悔しない。」

「もしダメなら損切りする覚悟はできている。」

と思えた場合のみ買ってください。

ご注意

・株の売買を推奨しているわけではありません。 あくまで自分用の覚書です。

・株には「必ず」も「絶対」もありません。ご紹介したとおりの値動きになるかどうかは、誰にもわかりません。

・売買はご自身の判断で、全て自己責任でお願い致します(*゚ー゚)v

レクタングル大

レクタングル大

おすすめ記事と広告



-株入門講座

Translate »
error: Content is protected !!

Copyright© 映画とバレエと小銭と私 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.