株をやるなら「2時の人」に気をつけろ!

更新日:

2時の人、誰も知らないのに誰もが知っている謎の人物

株に関するネット掲示板やブログを見ていると、「2時の人」という言葉に遭遇することがあります。

トレーダーの間ではかなり有名な「2時の人」ですが、誰もその姿を見たことはありません。

なぜなら…

スポンサーリンク

レクタングル大

初心者は朝一で買わない方がいい理由

欲しい銘柄がある場合、朝9時に市場が開くと同時に買うのは、初心者のうちはやめた方がいいと思います。 毎日チャートを眺めていると気付くと思いますが、午前10時頃と午後2時頃に株価が下がることが多いのです。

ですから欲しい銘柄を朝9時に買って「よし、買えた。」と喜んだのも束の間、10時過ぎたらどんどん株価が下がり始めてあああああああ~・゚・(ノД`;)・゚・となることが。

もちろん朝イチの株価がその日で一番安かった(「寄り底」と呼ばれます)なんて日もありますが。

初心者はまず無難なところから経験を積むのが成功への近道かな、というのが私がいろいろ下手こいてきて学習してきたことであります。

午後はあの人がやってくるから

そして午後2時頃になると、相場には「2時の人」がやってくることがあります。

これは2時頃になると株価が動き始めることが多いからです。

まるで誰かが裏で操作しているように感じられることから、「2時の人」と呼ばれるようになりました。

全体的には、午後2時頃から株価は下がり始めることが多いです。

その理由は「デイトレーダー(その日買った銘柄を、その日のうちに売る人)達が、今日はこれでおしまいと売り始めるから。」 「インドの相場が開くのが日本時間の午後1時半だから、その様子を見て売り始める人が増えるから。」 「先物を売り買いしている人が、その日の取引に見切りを付けるのが2時頃だから。」 とかいろいろ説がありますが、どれが一番正しいのかは、私にはわかりません。

とにかく午後2時は要注意ってことです。 そんなわけで、買うなら午前10時か午後2時の様子で判断するトレーダーも多いようです。

2時の人は一筋縄ではいかない

ところが、2時の人は必ず株価を下げるとは限らないのが難しいところです。

それまでヨコヨコ、あるいは下がり調子だった銘柄が、2時頃から突然上がり始めることもあります。

その銘柄を保有している人は「2時の人キターーーッ」と大喜びです。

私が知っている限りでは、仕手株で、よくそういうことが起こってきたような?(個人の感想です。)

もし持ち株が午後2時頃に突然上昇し始めたら、慎重に見ておいたほうがいいかもしれません。

私はビビリなので、そういうことがあったら「明日はもっと上がるかも。」なんて考えずにさっさと売ってしまいます。

売ってしまって、翌日さらに上がっていればメチャクチャ悔しいです。

しかし逆に欲をかいて売らず、翌朝「おはぎゃああああやっぱり昨日売っていればよかった(泣」なんて目にも散々合ってきましたから。(!)

上がるにしろ下がるにしろ、午後2時は気を付けましょう。

【仕手株】 特定の人達に株価を操作されている銘柄。 初心者は手を出さないほうが吉。

【おはぎゃあ】 おはよう+ぎゃあ=おはぎゃあ 朝イチでパソコンを立ち上げて、大暴落している株価を確認したときの叫び

【蟹】 3656 KLabのこと 携帯、スマホゲームの開発や運営が主な業務。 スマホゲーム「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」は特に有名。

こちらでご説明した内容は、「こうなることもある」です。軽く参考程度に見ておいてください。 株には「必ず」も「絶対」もありません。 売買はご自身の判断で、全て自己責任でお願い致します(*゚ー゚)v

レクタングル大

レクタングル大

\ シェアしてください /

おすすめ記事と広告



-株入門講座
-, ,

error: Content is protected !!

Copyright© 映画とバレエと小銭と私 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.