人生で一番の恐怖体験 もしもあのとき玄関を開けていたら…

更新日:

恐怖体験は、まさかと思う形でやってきます。

あのとき玄関を開けていたら、あのとき犬が鳴かなかったら、私の命はなかったかもしれません。

スポンサーリンク

レクタングル大

ドアを開けなくてよかったな

まだ私が若かったころ、とあるマンションの5階に住んでいたときの話です。

ある静かな昼下がり。インターフォンが鳴ったので出てみると、モニターに男性の顔がかなりのアップで映ってる。

あまりに近すぎるので、画面では鼻とサングラス以外見えず。

私「どなたですか?」

その男性が何か答えたけど、顔を近づけすぎてるので声がフンガフンガして何を言ってるのかわからない。

え?どなたですか?どなたですか?と繰り返しているうちに、上の階で飼ってる大型犬がすごい勢いで吠えた。

と、その男性はチッと舌打ちして、うちのドアをがーんと蹴って去っていった。

何だったんだ?変な人。

外に出るな!

しばらくして、マンションの管理人から焦った声で電話が来た

「戸締まりをしっかりして、絶対に外に出ないで!あとで説明に行くから。」

窓から外を見下ろすと、パトカーやら野次馬やらでマンション下はすごいことに。

管理人の説明によると、さっきの変な男性は逃亡中の殺人犯(!)

このマンションの2階に入ってる事務所のOLが廊下でその男と遭遇してしまったとか。

男は手に持った斧?を見せながらニヤニヤと
「殺してやろうか?」
と言ってきたらしい

OLのおねえちゃんは事務所に猛ダッシュして警察に通報。

気丈なおねえちゃんでよかった。私ならその場で腰を抜かしてたな絶対。

だが警察が到着した時には、犯人は既に逃走した後。

うちに来たのはどのタイミングなのかわからないけど、あのときドアを開けてたら私は斧でザックリいかれてたのかも知れないのか?

ホラー映画は好きだが、自分がホラーな目に遭うのはお断りぢゃっ。

ありがとう、上の階の犬さん!

その後、犯人が逮捕されたという知らせもなく しばらくの間は玄関を開けるのがすごく怖くて、階段の下を覗いて誰もいないのを確認してから外に出てましたよ

物騒な世の中、どのお宅にも玄関モニターを付けて、相手をしっかり確認してから開けることを強くお勧めしたいです。

レクタングル大

レクタングル大

おすすめ記事と広告



-独り言をつぶやいてみた
-, ,

Translate »
error: Content is protected !!

Copyright© 映画とバレエと小銭と私 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.