高齢出産は素晴らしいけど、こんな現実もあるの知ってる?

更新日:

確かにおめでたいことですが

とあるネット掲示板で、アラフィフで妊娠が発覚した人のスレが目に止まった。

スレ主は長年子供ができず、すっかり諦めていたところにまさかの妊娠。
この年での初産は、嬉しいけど不安もあるのでアドバイスが欲しいというものだった。

たくさんついたレスの殆どは、スレ主の妊娠を祝い、母子の健康を祈る優しさにあふれたもの。
アラフィフでも大丈夫ですよ、出産頑張ってください。
今はアラフィフだって若いし、子育て全然問題ないですよ。
育児に年齢は関係ないです!応援しています。

みんな優しいね
みんなお若いのねw

私も初産にしては遅めの年齢で娘を出産しました。
その後はバタバタと忙しいながらも幸せな日々を過ごせています。
娘が生まれてきてくれたことは、感謝してもしきれない。

でもね

いいことばかりじゃないんだよっ

高齢女性が妊娠することに関して、妊婦や胎児の健康上のリスクについてはよく語られていますが

この記事では、出産後に実感するかもしれない高齢出産の「こんなことってあるのね」な現実についてお話します。

スポンサーリンク

レクタングル大

体力的にキツイ!

子供の体力は半端ない。
寝不足だろうが、丸一日プールで泳ぎまわっていようが、ご飯を抜いて腹ペコだろうが、病み上がりだろうが、子供はヒャッハーして絶対に動きを止めない。

朝お弁当を作って幼稚園に送り届け、急いで帰って家事その他の用事をこなし

晩ご飯の下ごしらえまで済ませたところで早くもお迎えの時間。

炎天下や極寒の下、幼稚園の門の前で子供が出て来るのを待ち続け

やっと子供を受け取ったと思ったら行軍のように整然と列をくずさずに帰宅(それが幼稚園の決まりだったから)

帰宅したら息をつく暇もなく着替えさせておにぎりを持って習い事に出発。

約2時間後、ようやく帰宅できたと喜ぶ間もなく夕ご飯にお風呂。

習い事に出かける直前に取り込んで、ソファの上に投げ出した洗濯物も畳んでアイロンをかけねば。

幼稚園からのお便りを見ながら、規定通りに手提げ袋を縫ったりPTA関連のメールをやり取りしたり。

幼稚園児を持つ家庭なら、これが当たり前の毎日。

毎日毎日もうフラフラで、今倒れるか、1時間後に倒れるか、命の危機と戦う日々よ。
神様、私に若さをください!と何度心で叫んだことか。

専業主婦でこの忙しさだから、ワーキングママは毎日一体どれだけの激務をこなしてるの?

経済的にキツイ

一般的に人生とお金の関係は

1.夫婦二人だけ~子供が就学前の稼ぎ時、第一貯め期
2.子供が学齢期の、お金がドンドン出て行く期
3.子供が独立してから、夫が定年退職するまでの第二貯め期
4.老後の、これまで貯めたお金を大切に使っていく期

に分かれるらしい。
あくまで一般論だけど、3.は40代後半から50代。
生活は落ち着いてきたけど、体力的にはまだまだ元気で自分のために活動しやすい時期、らしい。

けど出産が遅い夫婦の場合、40代から50代はまだまだ子育て真っ盛りのお金がパッパラ出て行く時期だということが珍しくない。
てかそれが普通。

やっとこさ子供が独立したと安心するや否や、第二の貯め期なしに4.に突入。

お金と人生のライフバランスに不安を覚えること度々。

そして精神的に一番キツイのが

BABAでごめんね問題

乳児検診で、保健士に母親の年齢を聞かれて
私「アラフォーですが。」
保健士「えええ?!」

毎回や!この会話は毎回必ずや!!!

初対面の同年代の女性「お子さん、今何年生?」
私「小学1年生です。」
女性「え?中学1年?かな?」
私「しょーがく1年生です。」
女性「…。」

美容師「お子さん、大学生くらい?それとももう社会人かな。」
私「まだ中学生です。」
美容師「あ…い、いろいろ大変ですね。」

こんな会話をもう何百回と繰り返してきたんですわよ
気にしても仕方ないことだけど、ちょっと凹みますわ。

子供の幼稚園や学校の行事に行くと、周りは若くて美しいお母さま方がテンコ盛り。
若いだけが女性の美徳ではないけど、でも若くてパッチーンと張りのある肌のママさんの隣に立つと、無性に悲しくなるのよ。
アンチエイジングやヘアメイクを頑張っても、本物の若いお母さま方と並ぶと、見劣りするのはどうしようもない。

あああ娘よ、あなたの母はBABAでごめんね、と心で詫びること百万回。
若さって本当に最大最高の武器。無敵。
美魔女なんて、ホントにBABAの自己満足でしかないって実感するわよ。

若いママさんたちと、思い出のアイドルが全く合わない
大学入試とか、就活の制度が違って話が合わない。

気、気にしてないけどね、周りがね
いいけどね、別に。
うん、別にいいけどね。

気持ちの問題だけど、高齢出産にはこういう現実もあるってことで。

でもこういうことがあっても、子供がいる毎日は素晴らしい。

いろいろあっても、生んでよかった

できればあと4年くらい早く生まれてきて欲しかったけど

それでも生まれてきてくれて本当にうれしい。

高齢でもなんでも、出産は素晴らしい。

レクタングル大

レクタングル大

おすすめ記事と広告



-独り言をつぶやいてみた
-, , , ,

Translate »
error: Content is protected !!

Copyright© 映画とバレエと小銭と私 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.